【Python】Pycharmの日本語化 pleiadesを使わない方法

未分類

以前書いた上記の記事の追記を書く。

【内容】

  • Pycharmの日本語化②
    Pleiadesを使わない方法で行う。

【対象】

  • PycharmをPleiadesで日本語化したら起動できなくなった方。
    (おそらくユーザー名が日本語であるのが原因)

最初に

なぜこのような記事を書いたか。

理由は自分のPycharmが起動できなくなってしまったため。

調べてみた結果、おそらく原因であろうことが判明し、その対策も分かったので記事とする。

原因

諸事情でPCを買い替え、自分の記事に従ってPython環境を準備したらPycharmが起動しなくなった。
調べてみるPleiadesでの日本語化に失敗しているから、との情報が。

上の画像はPleiadesで日本語化した記事と同一手順で進めたところ。
この赤く塗りつぶした部分に日本語のユーザー名が入っていたのが原因のようだ。

【試したこと】

  • Pleiadesが配置されるディレクトリを変更する
    → 探しても出てこず 断念。
  • ユーザー名を変える
    →非常に面倒。
  • 別の方法で日本語化する。
    →行けた!

Pleiadesとは異なる方法での日本語化

一度Pycharmをアンインストールし、元の記事に従ってインストールするところまで進める。

yuuna/IDEA_resources_jp
IntelliJ IDEA の日本語化リソースです。. Contribute to yuuna/IDEA_resources_jp development by creating an account on GitHub.

上記サイトからZipファイルをダウンロードして解凍する。

中にある「resources_jp.jar」ファイルをPycharmインストールディレクトリの「lib」フォルダにいれる。

Pycharmを再起動する。

以上で日本語化が完了する。
日本語→英語にしたい場合は置いた 「resources_jp.jar」ファイル を削除すればよい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました